台風一過。

書くといっておいて、ご無沙汰しております。

みなさま、台風の被害などは
だいじょうぶでしたか?

すごい風と雨だった割には、
あっさり抜けてくれたので、
ちょっとほっとしています。

でも、もちろん被害にあった方もいらしたと思います。

遠くに空き家をもっていたり、
実家が空き家だったり、
誰もいない古アパートを所有していたりすると、
台風がくると心配になるんですよね。

そういった意味でも、空き家管理って大変。気持ち、わかります。

持ってるだけで、なにもないけど、あるのは心配だけ。

そんな物件がある方。何とかしましょう。

今は、ネット時代。賃貸もいいですが、

ほかにやりようはいくらでもあるのです。

調布に、とっても素敵な、アパート兼古屋を利用したコミュニティハウスがあります。

なんせ、ウィークデーは笑い声とおいしいにおいが絶えない。

そんな場所もあるのです。

家を貸すのは、お金のためもあるし、そうでない場合もあっていいと思います。

そう、ただ、人につかってもらって、喜んでくれるような。

常に、いい空気が家に入ってくる。

そんな環境のほうが、家にも、心にも良いと思います。

こちらは、調布のいろんな地元コミュニティとつながっておりますので、そういった意味で家屋を運用されたい方、ぜひご相談ください。

アウェイの方も、もちろん歓迎です!

民泊ができないケース①(できる可能性はある?!)

 

みなさまこんにちは。

ちょっと涼しくなりましたね。

さて、いきなりですが、

なさそうで、意外にあるお話を。

 

親御さんがなくなり、

「残された家屋で民泊を始めたい」と

思った方がいたとします。

それでその家屋の「登記事項証明書」

を取得しようと思い、法務局に行きました。

でも、その住所で探せども探せども、

その家屋の情報がまったく出てきません。

土地や建物は、所有者・所在地・面積などがわかるように、通常はきちんと記録として登録されています。

そして、その土地なり建物が登記されたときに与えられるIDがあります。

それが、法務局(やオンラインでも)入手できる

「登記事項証明書」に書いてある、

不動産番号という13桁の番号です。

登記されていなければ、その番号はありません。

そしてその番号がないと民泊の登録はできません。

(ほかにも、不動産業者に依頼して賃貸にしたり、

売買したり、または担保にしたりすることもできません)。

登記されていないのは、どんなことが原因かというと、

土地や家屋を所有していた方が、

一度もその土地や家屋の登記手続きをすることなく、

亡くなってしまった場合などです。

(固定資産税を払っているかどうかとはまだ別の話です)

または相続の時に、だれが相続するかでもめて、結局うやむやになり、相続登記もされる機会がなかったりということも。

それでもくじけずに民泊をしたい!

のであれば、ゼロから手続きは可能です。

よろしければ下記のサイトをご参考に。

http://www.to-ki.jp/center/useful/ta005.asp

ベストなのは、相続前にちゃんと登記することですよね。

それが一番、お金も、時間も、手間も

(苦労も)少ないと思います。

ぜひ、相続の前に早めの対応を。

…年月を経ると、二重に相続になったりして、

相当面倒なものに化けてしまいます!

また、自分の代ではそんなことのないように、子孫のためにもすっきりさせておきたいものですね。

今日はここまで!

また次回おあいしましょう。

Fumi

Hello world!

こんにちは。
株式会社オセアンブルー代表のFUMIです。
これから、当社の業務である空き家活用のあれこれを、
ぼちぼちと書いていきます(英語でも?)。
どうぞよろしくお願いいたします。
                   FUMI