成人式

去年は割合お天気の良い成人式でした。
がしかし、今年は危なそう。

なぜこんなことを気にするかというと、
じつは着付け学院に所属しておりまして、
年に何回かのイベントに助っ人として
駆り出されて(笑)おります。

自分が着物を着たいがために入った着付け学院(50年の歴史がある某H学院)ですが、結局は人にも着付けることが上級になると要求されます。

私の場合は本当に小間使いレベルなんですが…

プロの着付師さんたちはすごいですよ~。

しかし1日着付け師一人当たり●十人となると、結構厳しい。しかも、朝4時開始!着付けられるほうも大変です。

気になるのは、年々減っている二十歳の人口。

これを間近に感じるので、「ああ、少子化なんだなあ」と恐ろしくなります。

空き家はどんどん増えています。

人口は減ります。

一体どうしたら?

日本に喜んで住んでくれる人を増やすのです!

もちろん外国から。

日本を気に入って住んでいる人たちなら、外国人であっても、かなり同化していってくれるので、以外と心配ないと考えています。

まずは、旅行してリピートしてくれる人をふやす。

ホテルではなく、民泊で、日本らしい家屋に慣れ親しんでもらう。

そして、いずれ日本に住んでもらう。

外国から移住した人たちの娘さんたちに、

外国から来て日本で着付けを学んだ人が

成人式の晴れ着を着付ける

そんな夢を描いています。

いや、むしろそんな現実を想定して、

色々動いていこうと思います。

ミス調布さんたち。商工会のイベントで。