河口湖の民泊に泊まってきました。

先週、出張がてら、河口湖の民泊物件に泊まってきました。

もちろん?!無人物件に。フフフ…

楽しかったです。

何が、というと、

慣れない街で、

ライトの明るいホテルでなく、

殺風景なビジネスホテルでなく、

そして、ちょっと気遣いする、

同居型の民泊でもなく。

ゆったりまったり大人の時間。

しかも、大正時代からの古民家でした。

アプローチからしてステキでしょ?

落ち着いた床の間の部屋

懐かしすぎる佇まいのキッチン

古い箪笥?とか。

お掃除もゆき届き、Wi-Fiも完備でした。

お風呂はあったまりました。(建具はかなりクラシックすぎる感ありでしたが…)。

立地もよく、コンビニは通りの向かいにありますし、駅からも徒歩10分ちょっと。

河口湖駅では、夕方は

これでもか!

と言うくらい、新宿のバスタのごとくバスが発着!!

街中には外国人観光客かどこにでも歩いています。

かと言って治安が悪そうなわけではなく。

夕食は、この民泊物件を運営している人のレストランで地元豚のしゃぶしゃぶコース!(飲み物頼んでも2千円くらい❤️)

夜は山地だけにさむく、石油ストーブのお世話になりました。

これから、エアコンと石油ストーブダブルのシーズンですね。

街のあちこちに、温泉もあってあったまれます。

良い宿とおいしいごはん、

そして温泉。

河口湖、おすすめです!!

ここのオーナーさん?が運営している民泊は他にもあるようなので、また機会があればお邪魔したいと思います!